イノチオグループ ブランド映像

ブランドスローガン

みつめる。そだてる。つなぐ。

ブランドステートメント

わたしたちは、みつめます。農業を通じて、いのちの尊さを。

農業は人が生きていくために、最初に生まれた産業。
いわば、文明の原点であり、産業の原点。人間のいのちを支えてきた、大切な仕事。
ここが、わたしたちの仕事場です。
わたしたちは、いのちの仕事としての農業を、まっすぐにみつめ続けます。

わたしたちは、そだてます。
農業の担い手、そしてこれからの農業のあり方を。

「自分のいのちは、世のため人のため、他に尽くすためにあるとしか思えない。」
創業者から受け継がれる強い思いを胸に刻み、
まずはわたしたち一人ひとりが成長する。そして仲間の成長をともに支え合う。
それが、わたしたちの働き方です。
農業における様々な課題を真摯に受け止め、志ある農業人とともに心を高め技術を磨き、
農業を魅力ある産業へと、しっかり育てていきます。

わたしたちは、つなぎます。
農業の魅力を、人へ地域へ、そして未来へ。

農業は、人に、地域にいきいきとした生命力をもたらす大切な仕事。
農産物が、くらしの豊かさや潤いとなって、生活者の日々に届くまで。
農業に携わる喜びに感謝しながら、
農の恵みを未来のいのちへとつないでいくのもわたしたちの使命。
農業を通じて、いのちをみつめ、そだて、未来へとつないでいく。
それが、わたしたちイノチオグループの仕事です。

社名に込めた想い

わたしたちの名前。わたしたちの約束。「イノチオ」。

わたしたちは、1909年の創業から100年以上
農業関連事業に携わる中で、農業とは、
いのちを支え、いのちを育てる仕事だと考えてきました。
そして、その想いを「いのちに感謝し、いのちを育む」という
社是として掲げ、会社の方針、働き方の指針としてきました。

日本、世界の農業を取り巻く環境が
大きく変わろうとしている今、
わたしたちは、全社員一人ひとりが、今まで以上に、
農業といのちを真摯にみつめ、そだて、
そして未来へとつなぐ存在でありたいという想いを、
新しい名前「イノチオ」に込めました。

「イノチオ」。この名前は、社会へ、お客さまへ、
そしてわたしたち自身への約束のことばです。

ブランドロゴ

わたしたちのブランドロゴ。
デザインのテーマは「いのちのフィールド」。

農業の魅力、次世代農業の明るい可能性。
それがブランドマークのデザインテーマです。

「inochio」の白い文字を囲む形は、わたしたちイノチオグループの社員が、
お客さまに価値を提供していく「現場」であり「舞台」、言い換えれば、
「いのちをみつめ、そだて、つなぐフィールド」を表現しています。

人のようにも見える2つの「i」の文字は、社員とお客さまを表現しています。

この、同じフィールドで、お客さまとともに成長し、ともにいのちを育んでいきたい。
そんな思いを込めた、わたしたちのブランドマークです。

フィロソフィはこちら