従来ハウスが抱えていた生産性と収量という二つの課題を解決するためにドリームフィールドを導入したと語ってくれたのは、京都府城陽市でミニトマトの栽培をしている北澤良祐さん。導入後、1作目を行っている現場へ行きインタビューをさせていただきました。(2020年10月7日取材)

  • プラントケア・クラスター
  • アグリ・クラスター
  • R&D・クラスター
  • ホールディングス
所在地等
京都府城陽市 北澤農場
面積
約40a(うちドリームフィールド20.2a)
栽培作物
ミニトマト

お客様の声

環境制御で収穫量アップに挑戦

こうした課題を解決しようと、特に収量の向上を狙ってICT(情報通信技術)を使った環境制御システムの導入を考えました。しかし既存のハウスではシステムが対応しないことから、新型ハウスの新築に踏み切ったのが経緯です。最も重視したのは経済性で、コストを抑えながら最新のシステムを入れられる機能性も不可欠。それを両立するのがドリームフィールドでした。

お客様の声

低コスト!涼しい!収量5割増し

稼働してから1作目ですが、これまでのハウスと比べて明らかに生育がいいですね。まず、定植後の根の活着が良かったです。天窓が両側に大きく開くので、ハウス内の熱が抜けやすく、この夏は「とにかく涼しい!」と実感しています。これまで10a収量は10t程度でしたが、今作は15tを見込んでいます。作物にも、働く人にも優しいこのハウス、もう片側天窓のハウスには戻れないです(笑)

お客様の声

立地に応じて規模を設定

ドリームフィールドは間口(幅)8m×奥行4.5mが標準仕様となっていて、建てようとする立地にうまく合うかどうかが決め手となりますね。私は当初、8連棟で建てたかったのですが、立地条件から7連棟になりました。低コストと耐候性、ICTの活用を条件とする京都府の補助事業を受ける要件に合致しているのも決め手となりました。