農業用の温室を施工、販売するイノチオアグリ(愛知県豊橋市、以下当社)は、大規模化 する日本国内の施設園芸市場に向けた新たなソリューションを提供するため、Bosman Van Zaal(ボスマン・ファン・ザール)社(オランダ)と 2020 9 11 日に業務提携契約を締結しました。

 

これにより当社は、施設園芸先進国オランダでもトップクラスの技術力を持つボスマン社の大規模温室をはじめとする施設・設備を日本国内で施工販売することが可能になります。また、ボスマン社と術面でもし、高機能かつ低コストな温室の開発にも着手する計画です。イノチオグループは今回の業務提携と技術協力により日本の施設園芸市場を活性化させ、国内農業の発展と持続可能な農業経営の実現に向けた取り組みをさらに加速させます。

 

■Bosman Van Zaal 社について

https://www.bosmanvanzaal.com/en/

野菜、花き、医薬品作物にいたる作物生産のための園芸施設やシステムを開発・設計・施工する創業 100 年の温室設備メーカーです。60 人を超すエンジニアによる専門知識を生かして世界中で高度なプロジェクトを展開しています。

 

特筆される技術の一つが、温室の屋根にプラスチックフィルムを展張する「テンション技 術」。屋根構造を省部材化することで温室の採光率を向上させると同時に低コスト化を可能にします。

 

 

本件に関するお問い合わせ先

イノチオホールディングス株式会社 https://www.inochio.co.jp/イノチオグループ HP)

報CSR課 TEL:0532-48-5724 brand@inochio.co.jp

 

 

お問い合わせはこちら