養液配合肥料

リン酸よりも水に溶けやすく、作物に吸収されやすい亜リン酸を使用した肥料です。
亜リン酸は、発根・花芽分化などの向上に効果が期待できます。

■規格:10L
■入数(単位):1缶 
■用途:養液配合肥料
■適用作物:トマト、キュウリ、ナス、イチゴ、キャベツ、キク、バラ
■成分(保証成分)
 N-P-K=0-29-19

成分表(保証成分)

 

 

 

亜リン酸の特長

 

●作物の免疫力 UP !

●リン酸吸収力 UP !

●発根・花芽分化・着果(花)の向上!

●純度の高い、液状の亜リン酸カリウム

●培地への潅注で、より高い効果を発揮!

 

 

どうして亜リン酸がよいの?

 

亜リン酸は通常のリン酸と比べ、酸素が1つ少なく分子が小さいため、作物にスムーズに吸収され ます。その結果、作物体内の代謝を向上します。

窒素過剰で徒長気味の作物に施用する事により、作物を硬くしめる効果も期待できます。

 

 

 

使用方法【育苗期・葉面散布・潅注】

 

 

※潅注処理は、週に1回程度の施用をお勧めします。

 

 

 

使用方法【養液栽培】

 

養液栽培においては、肥料原液タンク・原水タンク・培養液タンクの養液システムを使用し、
培地 (水耕・ココ培地・ロックウール等)へ施用する事が可能です。
肥料原液タンクのリン酸の一部を IB 亜リン酸カリ液に置換え施用する事が可能です。

 

養液システムを使用したIB亜リン酸カリ液の施用方法に関するご質問、ご意見がございましたら、

お気軽に最寄の営業所へお問い合わせください。担当者がご対応させて頂きます。

イノチオアグリ事業所一覧はこちらからご確認ください。

 

弊社試験農場での潅注試験について

 

【条件】

●期間:2011 年 10 月~ 2011 年 12 月

●作物:トマト 、 品種:CF 桃太郎ファイト

●培地:ロックウール

●方法:通常処方のリン酸の 20%を IB 亜リン酸カリ液に置換えて処理。(窒素やカリ等の肥料も同時に処理)

 

【結果】 IB 亜リン酸カリ液を根から吸収させる事により、リン酸の吸収量および茎長・茎径が増加しました!生育向上効果を確認しました!

 

◆形態の異なるリン酸の施用による初期生育の違い

 

◆葉内のリン酸イオン濃度

 

亜リン酸とリン酸の分子構造
亜リン酸とリン酸の分子構造

亜リン酸は通常のリン酸と比べ、酸素が1つ少な く分子が小さいため、作物にスムーズに吸収され ます。

弊社圃場内での潅注試験結果
弊社圃場内での潅注試験結果

IB 亜リン酸カリ液を根から吸収させる事により、リン酸の吸収量および茎長・茎径が増加!生育向上効果を確認することができました。

お問い合わせ

 

肥料に関する疑問・ご意見・処方等に関するご要望がございましたら、お気軽に最寄の営業所へ お問い合わせください。

HP:https://www.inochio.co.jp

メールアドレス:info-agir@inochio.co.jp

 

お問い合わせはこちら