SUSTAINABILITYイノチオグループSDGs志向型経営


CASE取り組み事例一覧

環境保全型農業
ハウス内暖房に浄化センターの放流水熱を活用
生産工程でのCO2 排出削減へ。

ハウス内暖房に浄化センターから排出される20℃前後の放流水を活用しています。これにより重油使用量を15%削減。作物の生産に伴うCO2排出を抑えています。

環境保全型農業
未利用資源を活用して肥料を開発
環境と作物にとってよりよい土づくりを実現

魚のアラや食品残さ、家畜ふんなどを活用した有機肥料を開発。有機肥料は化学肥料と比べ肥効が緩やかで、微生物のエサとしても働き、土壌を豊かにします。環境にやさしい土づくりを通して作物にとっても居心地の良い環境を作ります。

持続可能なバリューチェーン
生鮮ミニトマトで国内初の機能性表示取得!
高機能と付加価値を追求した農産物で生活者ニーズに対応

自社農場で生産したミニトマトが、国内初となる機能性表示を取得しました。さらに植物由来のプラスチックを使用したパック、段ボールは森林管理におけるFSC認証品を採用。自社農場では生活者ニーズと持続可能な農業を達成する生販一体の経営を目指しています。

未来志向の社風づくり
思わず運動したくなる!
とよはし健康マイレージの導入

わたしたちは豊橋市が運営する市民の健康づくりを支援する取組み“とよはし健康マイレージ” に参画しています。社内サークル活動制度も導入し、従業員が楽しく、目標を持って運動に取り組めるようサポートしています。

未来志向の社風づくり
社内表彰制度 “イノチオアワード” の実施
社員同士が切磋琢磨し仕事に取り組む風土を醸成

一年に一度、社員表彰制度“イノチオアワード”を実施。個々やチームの挑戦意欲を喚起し、社員同士が切磋琢磨しやりがいある仕事を実現する組織風土、文化づくりを醸成しています。

農業イノベーション
ドローンで農薬・肥料を簡単散布
農作業効率化で作業時間短縮へ!

農業用ドローンを活用した農薬・肥料散布を提案しています。ドローン教習所を開設し、オペレーターの育成や農薬請負防除を通し、農業の担い手不足、人手不足解消へ貢献しています。

農業イノベーション
作業進捗を視える化。施設園芸の労務管理から
ムリ・ムラ・ムダを排除し、農業の“働き方改革” を推進

わたしたちはスマート農業技術を提供するスタートアップ企業との連携を積極的に進めています。agri-board では、タブレット端末を用いて作業進捗や労働時間を自動集計。自社農場でも導入し、年間1,200 時間の作業時間削減を実現しています。

グローバルパートナーシップ
農業大国オランダの革新的企業とパートナーシップを構築し、
お客さまの要望に対応

わたしたちはオランダのフロリテック社と共同でお客さまの要望に合わせた革新的なキクの品種開発を行い、世界中の生産者に届けてまいります。また、同じくオランダのボスマン・ファン・ザール社との業務提携によって、大規模温室などの施設・設備が国内でも販売可能となりました。技術面でも連携し、高機能で生産性の高い温室の開発も行っています。

戻る
お問い合わせはこちら