SUSTAINABILITYイノチオグループSDGs志向型経営


CASE取り組み事例一覧

環境保全型農業
ハウス内暖房に浄化センターの放流水熱を活用
生産工程でのCO2 排出削減へ。

ハウス内暖房に浄化センターから排出される20℃前後の放流水を活用しています。これにより重油使用量を15%削減。作物の生産に伴うCO2排出を抑えています。

環境保全型農業
未利用資源を活用して肥料を開発
環境と作物にとってよりよい土づくりを実現

魚のアラや食品残さ、家畜ふんなどを活用した有機肥料を開発。有機肥料は化学肥料と比べ肥効が緩やかで、微生物のエサとしても働き、土壌を豊かにします。環境にやさしい土づくりを通して作物にとっても居心地の良い環境を作ります。

戻る