滋賀県野洲市でレタスの水耕栽培をしているアグテコファーム吉川。施設面積2.8haという巨大ハウスの中は独自のシステムを活用して栽培管理の75%が機械化。香港を拠点に置くグローバル企業でもある株式会社アグテコの栽培への取り組みとビジョン、パートナーとしてのイノチオとの関わりについてお聞きしました。

所在地等
滋賀県野洲市
面積
2.8ha
栽培作物
フリルレタス/グリーンリーフレタス/レッドリーフレタス

インタビュー動画をご覧ください

お客様の声

農業のグローバル企業を目指す

現在、日本の農業人口は大幅に減少しています。気づけば、農業は若者に選ばれない職業になってしまいました。アグテコは、農業の企業化とグローバル化を実現することで、農業という仕事が若者の職業選択の一つになって欲しいと考えています。アグテコは、香港・中国・日本を拠点としたグローバル企業を目指しています。IOT技術を導入した業務のDX化とスマート農業の導入を積極的に行っています。社員一人ひとりが思考的発想力を持ち、農業技術の継承と新しい農業ビジネスを構築できる人材育成にも取り組んでいます。

お客様の声

2050年の食糧危機に立ち向かう

アグテコは1人の農家ではなく、複数人で力を合わせれば農業に新しい可能性が生まれてくるという想いで誕生しました。経営管理、栽培技術、運営管理という役割を取締役3名が分業することで農家が起業化した形の農業生産企業を設立しました。そして、2050年にも到来すると予測される食糧危機を農業の力で解決することを目指しています。

お客様の声

栽培管理の75%を機械化に成功!

アグテコファーム吉川では、手作業が必要な仕事と機械化できる仕事の住み分けができているので、現在では栽培管理の工程の約75%が機械化されています。お客さまに安心安全でおいしい野菜を提供するという使命感があるので、グローバルG.A.Pはもとより、生育スピードを早めるなど無理な栽培は行わず、お客さまのニーズに耳を傾けて丁寧にじっくり育てることで新鮮でおいしい野菜を提供できるようにしています。

お客様の声

情報共有をデジタル化

アグテコにはパートタイムの従業員を除くと、取締役の3名を含め7名の社員がいます。その中で2名~3名だけが農場の中で働いています。少人数で回せているのは、タブレット端末を活用して、農場運営に必要な情報をいつどこにいても逐一共有ができているからです。

お客様の声

困ったときにはイノチオに聞くと良い

私たちは市販の製品ではなく、自社開発プラントを導入しています。そのためハウスの設計段階において複数の企業から断られてしまいました。しかし、イノチオは私たちの考えを真摯に聞いて、ただ否定するのではなく、他の農業施設を案内して丁寧に説明してくれたり、修正案を提供してくれる企業でした。「困ったときにはイノチオに聞くと良い」というイノチオの目指す農業のファーストコールカンパニーそのものでした。ハウスが完成した後も、親身に相談に乗ってくれました。初年度に取得したグローバルGAPに関しても丁寧に指導をしていただきました。

お客様の声

アグテコの今後のビジョンについて

今後はレタスの水耕栽培だけでなく、露地栽培も行いたいと考えています。水耕栽培は、アグテコファーム吉川を拠点に栽培データを蓄積・分析・改善を繰り返して進化させていきたいと考えています。今後は、他の企業とも提携していくことでアグテコの強みを活かし弱みを補っていきたいです。

お客様の声

アグテコのファーストコールカンパニーで居て欲しい

竣工から早いもので1年が経った現在も私たちの改善した内容に対して、できる限りの対応をしてもらっています。今後は、水耕栽培と露地栽培の圃場拡大に向けて相互にシナジー効果が生まれることを望んでいます。イノチオに効果をもたらすのはまだ先になりますが、成長も見守ってもらい、今後も「アグテコのファーストコールカンパニー」で居て欲しいと期待しています。