京都府京都市西京区、京都市街を離れた⼭裾に株式会社オーガニックnicoはある。2019年に建設したイノチオアグリの低コスト耐候性ハウス「ドリームフィールド」。ハウスの中ではミニトマト、中⽟トマトが有機栽培で育てられている。今回は、ドリームフィールドの使⽤した感想と有機農業に取り組む社⻑の中村新さんに密着インタビュー。(2021年5月19日取材)

所在地等
京都市西京区
面積
約1260㎡
栽培作物
ミニトマト/イチゴなど

インタビュー動画をご覧ください

お客様の声

農学者であった⽗の想いを継ぎ、農業の世界へ

露地で九条ネギ、ハウスでミニトマト、イチゴを中心に有機栽培をしています。ハウス栽培では、植物を健全に育てるために何よりも明るさを重視しています。園芸用ハウスの採光性は一般的に、鉄骨ハウスが50%程度とされていますが、このドリームフィールドは66%とのこと。コストも一般的な鉄骨ハウスよりもかなり安かったので、迷わず導入を決めました。

お客様の声

トップレベルのハウス内環境︕

ドリームフィールドは、他社メーカー製のハウスとも⽐較しましたが、明るさと通気性という2つの点でトップレベルの農業⽤ハウス(温室)であるという印象を受けました。また、強⾵への耐候性と低コストという⾯でも満⾜して導⼊を決めました。夏場は涼しく、冬場の重油の使⽤量も他のハウスに⽐べて抑えられているので、他のハウスと⽐べてハウス内温度の制御性が優れていると実感しています。

お客様の声

ドリームフィールドで年間収量1.5倍を実現︕

収量を上げるために⼤切なのは光です。ドリームフィールドの導⼊によって以前に⽐べて採光性が向上しました。こちらのハウス(温室)では、年2作の作付けを⾏っています。以前は1反(300坪)あたり年間収量が10トン前後でしたが、ドリームフィールドを導⼊して年間収量15トンを達成することができました。

お客様の声

誰でも取り組める有機栽培技術を実現したい

オーガニックnicoには、野菜の出荷量拡大と生産技術の構築の2つのミッションがあります。私たちの生産現場は、生産技術を構築するための実証農場という役割も担っています。実証した技術を他の栽培環境や地域でも実現できるように標準化を目指すことで、誰でも取り組め-る農業を実現することが私たちのビジョンです。

お客様の声

有機農業の栽培農地25%を目指して

有機農業と聞くと「上手に栽培できない」という印象を持たれる方がいます。オーガニックnicoでは、有機農業でもしっかりと栽培できる技術が実現できています。今後は有機農業でも栽培できる技術を確立して、農林水産省が目標に掲げる有機農業の 栽培農地25%を目指して努力を続けていきたいです。

お客様の声

イノチオと共に農業の発展へ

ドリームフィールドは私たちの栽培に適したハウス内環境でした。実際に栽培をはじめてからもハウス内で計測した温度や光のデータを活用して、科学的に農業を追求して取り組むことがイノチオと一緒にできていると感じています。 今後は、共同で実証をしているトマトの収穫量予測システム の事業化を進めていきたいと思います。そして、ドリームフィールドの上を行くようなハウスも一緒に開発していけたらと思っています。

お問い合わせはこちら