イノチオホールディングス株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:石黒 功、以下「イノチオ HD」)の 100%子会社であるラオス法人 Advance Agriculture Co., Ltd.(本社:ラオス・セコン県、代表取締役社長:石黒 康平、以下「AA 社」)は、ラオス法人 K.P Company Limited(本社:ラオス・ビエンチャン市、グループ総代表:Khemsath Philaphandeth(ケマサ ピラパンデ)、以下「K.P 社」)に対して、イノチオ HD が所有する AA 社の株式の一部譲渡により合弁契約を締結いたしました。 また、社名をAdvance Agriculture Co., Ltd.からInochio K.P Lao Co., Ltd.に変更する予定で、日本とラオスの両国からなる経営陣および組織の構築を開始しました。本合弁事業では、両社の技術・経験を結集し、ラオスおよびアジア市場にむけた農産物の販売および農業技術の普及、人材育成を進めてまいります。

 

 

 

 

1.Inochio K.P Lao Co., Ltd.について 

 

イノチオ HD は、2018 12 月にラオス・セコン県で農業生産を行っていた旧 AA 社の 100% 株式を取得し、ラオスにおける農業生産事業を開始しました。2019 年より日本人スタッフをラオスに派遣し、事業継承および農場の再稼働に向けた準備を行ってまいりました。現在は栽培試験に着手し、現地の環境に適した栽培方法の検討と確立を進めています。

 

2.K.P グループについて

 

K.P グループは、創業 1940 年のラオスの老舗企業で、輸入業、製造業、サービス業、人材派遣や物流サービスなど幅広く展開しています。特にトヨタ自動車の代理店を長年務めるほか、多くの日系企業とのパートナーシップを構築しています。ラオスの現地事情を熟知するパートナーとして、本合弁事業の基盤づくりと事業展開に貢献してまいります。

 

https://www.kplaocompany.com/

 

3.今後の取り組みについて

 

現地で野菜を中心とした農産物を生産し、ラオス国内および近隣国への販売を進めてまいります。農産物の生産状況に応じて近隣地域から従業員を雇用することで、地域の生活水準の向上と農業技術の発展に貢献します。日本ではラオス人材の研修を受け入れ、帰国後にラオスの農業の発展を支える人材を育成します。

 

イノチオグループは、ラオスでの農業生産や人材交流を通じ、ラオスの社会問題、経済課題の改善への貢献を目指します。

 

 

 

調印式KPグループ本社での調印式

左から渡邉亮(Inochio K.P Lao 社取締役)、石黒康平(同社代表取締役社長)、

ケマサ ピラパンデ氏(K.P グループ総代表)、Pasatxay Philaphandeth 氏(K.P 社取締役副社長)

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

イノチオホールディングス株式会社 経営企画部    

愛知県豊橋市向草間町字北新切 95 TEL. 0532-48-5711   

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら