農業用ハウス

ドリームフィールドはイノチオアグリの新型低コスト耐候性ハウスです。
"間口8m、柱高3.9m、奥行きピッチ4.5m"を標準化し過剰な部材を減らした最適設計です。
比較的低コストで、栽培作物にとってより適切な栽培環境を作ることが可能となります。設計構造を標準化して建築コストを抑えつつ、作物に最適な生育環境と耐風速50m/sに適応した低コスト耐候性ハウスを実現しました!
※仕様についてはパンフレットをご覧ください。


ドリームフィールドの4大ポイント

 

明るい 

 

省部材、広幅スパンで太陽光を遮る構造物を減らすことで、採光率66%、採光ムラ2%を実現しました。

 

ドリームフィールドの採光率は66%

 

採光率とは

部屋の中にどれぐらい自然光を取り込むことができるかを表す指標。数字が大きい方がより多くの光を取り込むことが可能という事を示します。

採光率の比較・・屋根型ハウス:52%、オランダ型高軒高ハウス:62%

 

 

涼しい

 

開口高 104cmの天窓で換気能力は、従来比 2 倍。

これまになく開く天窓、それがもたらす換気力には夏の高温軽減を期待。

ドリームフィールド_これまでになく開く天窓

 

低コスト

 

標準パッケージ化、省部材でコストを20%低減しました。

間口8m x 柱高3.95m、奥行ピッチ4.5mのパッケージです。

高性能な屋根型ハウスに比べて、機能は高く!コストは安い!

 

ハウスの概算費用、具体的な見積もりについては、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ先:メールアドレス:info-agri@inochio.co.jp

 

 

風に強い

 

高強度アルミ樋、高強度モヤ材で耐風強化、 標準設計で 50m/s も適応しています。

 

ようこそドリームフィールドへ!

VR体験へGO!

 

 

ドリームフィールドの標準仕様

 

 

ハウス製品のお問い合わせを希望の方は以下のボタンよりお問い合わせください。